4月改正情報 

2010年2月12日

 

厚労省のホームページで、今日付けの中医協協議資料がアップされました。

ここに4月改正の新点数が開示されています。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/dl/s0212-4a.pdf

 

2010年3月9日

3月7日「どこよりも早い4月改正速報とその対策セミナー」にご参加いただいた先生からのご質問とその回答(通達が出されわかり次第ご案内をしていきます)

 

Q レセプト型(明細)の領収書はオンライン請求を行うまで発行しなくてよいのでしょうか?

 

A 以下厚生省の抜粋です。

レセプト電子請求が義務付けられていない保険医療機関及び保険薬局については、医療の透明化や患者への情報提供を積極的に推進していく必要がある一方で、明細書を即時に発行する基盤が整っていないと考えられることから、当該保険医療機関及び保険薬局の明細書発行に関
する状況(明細書発行の有無、明細書発行の手続き、費用徴収の有無、費用徴収を行う場合の金額を含む。)を院内又は薬局内に掲示すること。院内掲示等の例は別紙様式9を参考とすること。

院内掲示で患者様へ状況を伝え発行しなくてもよい

厚労省のURLです。明細書に関してはP1160〜P1167

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/setumei_13.pdf

 

 

Q オンライン請求している診療所で明細書発行加算1点を算定しなければ明細書発行の必要はないのか?

 

A→明細書発行をしなくてよいのではなく、使用しているシステムが明細書発行ができない場合は、明細書発行について「正当な理由」に該当する旨の届け出書を提出し、院内掲示にて患者様にご案内する。

 ※参考資料

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/setumei_13.pdf