歯科医院経営を安定させるなら、まずはじめに守るべきもの・・・

医療保険制度は、保険医にとって、すばらしい制度です。

土台になる保険収入をしっかり守り、安定した歯科医院経営を見直すときです。

オンライン化もスタートしました。

院内の保険請求を見直し整えていきませんか?

私たちがお手伝いをいたします。

 

レセプト請求(歯科医療事務代行)はプロにお任せ。 

潟Iフィスウエーヴは、歯科の保険請求に

16年以上精通しており、 安心して頼れる心強いプロがそろっています。

 

 

 

 

 

※2012年8月現在

医療事務スタッフの確保が難しい状況でございます。地域、レセプト枚数によってはお受けできない場合がございます。 まずはご相談くださいませ。

また、手書きレセプトのご対応はお受けしておりません。

予めご了承くださいませ。

 

  ※弊社システムは、保険請求の増点や、実態に基づかない請求の取扱は致しません。

 

業務依頼・お問合せ メールでの資料請求お問合せ画面はこちらから

保険請求とは?

●保険請求について

歯科医院経営で欠かせないものの1つに保険請求があります。

自費化傾向になりつつあっても、

保険請求というのは保険医や国民が守られる特権であり、

軽んじることはできません。また医院経営という側面から見ても安定収入が見込まれる保険請求は実は最も大事な経営の要でもあるのです。

 

私たちが15年以上歯科医院の保険請求のコンサルティングを行った実績の中で

お役に立てる情報をお伝えしてまいりたいと思います。

 

今までお手伝いしていて感じることは

院長先生は毎月の件数、 点数は把握されていらっしゃるのですが

保険請求内容そのものに毎月目を光らせていらっしゃる方は多くないのが実情です。

 

保険請求を見直すタイミングで多いのは

◯返戻は多くなった

◯受付の担当者が退職した

◯開業するにあたり相談できる人がほしい

◯歯科医師会の先生から算定について指摘を受けた

 

上記の理由がほとんどです。(今はオンライン化対応のご相談もいただ

きます)

 

そして、反対に返戻もほとんどなく、レセプトコンピューターを導入

し、スムーズに入力ができていたら、自院の保険内容をチェックするところまでは時間がさけないかもしれません。

 

けれども、

私達が保険請求のお手伝いをさせていただくなかで、一番重要に考えているのが、

「今の保険制度をしっかり理解し、正しい請求を行う」ことです。

こんなこと、と思われてしまうかもしれません。

 

当たり前過ぎですね。

私もそう思います。

 

ですが、現状は驚くほど多くの先生が保険内容を誤解されていらっしゃるのです。

たとえば改正があり、新点数は覚えても、算定条件は理解させていらっしゃらないことが多いです。

保険請求のルールは2年に一度改定されるものの、

保険請求の長年の流れのベースの中にあるものなので、

急にここから覚えよう!と意を決しても

基礎の流れを把握していなければ、

なかなか途中からの相乗りができない

というのが保険請求の厄介な部分だと思います。

 

改正後理解していないままレセプトを提出し返戻が多く戻ってくる。

その返戻の対処法も分からず、指摘を受けた点数を削除して再提

出するか、もしくは返戻は再提出しない。

という医院様もあります。

 

そして、返戻された点数は今後も算定しない。。。

 

ということになってしまい、今の保険制度にあっていないレセプトが作られて

しまいます。

 

本来、正当に請求できる点数も未算定のまま幕を閉じています。

保険制度が厳しい!保険点数が低すぎる!

と嘆かれる方は多いのですが、

しっかり確実に保険請求を活用されている先生が非常に少ないように感じています。

 

そして、返戻されてしまった理由が分からないままなので、保険請求の

幅も狭くなってしまいます。

 

保険内容を理解していれば、こんなことにはならないでしょう。

 

保険請求の内容は「今更聞けない」ことと「聞く相手がいない」ところが

落とし穴です。

 

私たちはそんな先生方に、

よりよい情報提供をすることで、貢献し

また先生方に保険請求の面白さ、貴重をお伝えできたら嬉しいと思い活動しております。

 

保険請求とは

合計点数や、件数にこだわることが一番大切なのではなく

「今の保険制度を理解する。正しい請求を行う」ことがもっとも重要な

ことです。

 

これによって、正当に確実に保険請求を行い、

請求点数を伸ばしていくことが可能になるのです。

 

初めてお話させていただく院長先生には必ずこのことをお伝えし、理解

していただきます。

 

こうしてご理解いただいた医院様からは

「保険請求が安心してできるようになった」

「保険請求の幅が広がりました」

「返戻が少なくなり、レセプトを仕上げるまでの時間が削減できた」

とおっしゃっていただいております。

 

そしてもうひとつ

「正しい保険請求を行うこと」で重要なのは

「信頼」です。

 

これは、患者様のみならず、組織間で大切なことです。

保険点数と通知表の点数が違う!

と患者様から通告が入ることがままあります。

個別指導の原因には

患者様やスタッフからの通告が一番多く挙げられています。

 

不正をしているのではなく、

請求点数と通知表の点数がことなることはままあることです。

クリニックにお尋ねいただける関係を日頃から

保持していることが何よりも大切です。

 

また保険請求は患者様と直接関わることですので、

もちろん、正当に保険請求を行うことが

大前提です。

それがスタッフや患者様から絶大な「信頼」を得ることにつながっています。

皆様にもご理解いただけたことと信じております。

今後更に医院様が『正しい保険請求を行う』為に私たちの情報を開示し

て参りたいと思っております。どうぞお付き合いいただけたら幸いです。

保険請求アドバイザー部門 マネージャー 笹本 智美 

ご存知ですか?間違えだらけのレセプト請求

 

多くの先生方は知らずに提出されています。

ご存じでしたか?

レセコンのエラーチェックをしているのにも関わらず以下のような算定漏れや、誤操作による内容不備が、おどろくほど多数見られる事を! 

 

【よく挙がる点検事項の一部を紹介します!】

● シーラントの算定時期と算定部位誤り

● T−コンの算定時期と病名あやまり

● 摘要記載項目の不備(コメント漏れが多い)

● 継続的に管理をしているにも関わらず歯管の算定がないケース

● WSD病名のみの歯管の算定

● 部位不要の病名(CとPの混在時のあやまり)

● SRPと再スケーリングの混在

● パントモとデンタル、根充時のデンタルの算定誤り

● 投薬のない外科処置

● 埋伏抜歯加算のもれ

義歯セット時のクラスプの漏れ

クラスプの算定素材の誤入力

PとGの重複

初診算定の時期とタイミングの不具合

検査のない口腔内写

処置内容と実日数の不一致

T-FIXの330と530の算定誤り

● レセコンのご操作による内容不一致(病名不一致・歯式不備・) そのほか多数・・

レセコンで今の保険請求のルールをカバーすることは

はっきり言って無理です!!

これは、レセコンメーカーが悪いのではなく、あまりにも歯科の保険制度が煩雑で、ファジーな判断に委ねるケースが多いからです。 レセコンのコンピューターシステムで判断するのは限界があります。けれども、このままでは返戻や、集団指導、個別指導・・と歯科経営を圧迫される流れを生んでしまいます。もちろん患者様との信頼を失うことが歯科経営には致命傷となるでしょう。 

連日、弊社にご連絡を頂きます。

個別指導のご相談。

昨日まで何事もなかったように、歯科治療に専念されていてもこの日は突然訪れます。

者様からの通報や、保険者からの問い合わせも多患者様との信頼関係を失ったという悲しいケースとたくさん遭遇しています。

医院の増患・増収のために経営やマーケティング、マネージメントとお忙しい先生方・・・。 

でもこんな身近なところにクリニックの増患・増収に大きく影響を及ぼす盲点があります。

大切な物を見逃しているケースがあまりにも多いのです。

返戻や、保険ルールの勘違いなどによる請求で患者様から申し立てや通報、問い合わせが相次いでいます。そこで患者様との信頼関係を失うケースをたくさん見てきました。 

どんなに素晴らしい診療や経営がそこにあっても保険請求のルールに外れたら、大切な患者様との信頼関係を失いクリニックの信頼を失います。

だからといって

この煩雑な歯科の保険請求に、

先生のお忙しいお時間を投資するのもリスクが大きい。

 

弊社では、14年間の歯科レセプト代行業の実績と多くの実例をもとに歯科保険請求のプロの立場から開業医の先生方の保険請求をしっかりサポートさせていただいています。 

※弊社システムは、保険請求の増点や、実態に基づかない請求の取扱は致しません。 

 

業務依頼・お問合せ メールでの資料請求お問合せ画面はこちらから

レセプト診断

株式会社オフィスウエーブでは、レセプト診断を行っています。

必要があれば継続的にレセプト点検をお請けすることもできます。

(先生との面談及びカルテ内容によってはお受けできないケースもございます。 また、個別指導の対策はお受けしておりません。予めご了承ください。) 

 

特に今、返戻や患者様への確認通知で多いのは、

「保険と自費の混合」症例です。

インプラント・ホワイトニング・矯正・消毒費・検査、メンテナンス・PMTCなど

一連の保険診療の中で混在しているケースが本当に多いのです

先生方が気付いていらっしゃらないことも多いのです。これは危険です。 

上記については、医院様のホームページの記載についても十分留意しなければいけません

 

ひらめき以下の項目、いくつ当てはまりますか?

最近返戻が多い

□最近返戻がぱったりなくなった

□パノラマについての算定要綱について説明するようにフセンがついた

□新規指導間近か

□開業間近か

□保険請求に自信がない

□もっと上手な保険請求がしたい

□今更保険請求について誰にも聞けない・・・

□消毒、滅菌代を別に患者様から徴収している

□ホワイトニング、矯正、インプラント、を同じクリニック内で行っている

□メンテナンスやPMTCを一部自費で行っている

□最近、保険診療費が落ち込んでいる・・・

□レセコンで請求しているから、うちは大丈夫!

□4月の改正はどうなるの実は、情報入手してない!

□ホームページの記載内容なんて、ほとんど保険制度を意識してない!

□歯科医師会未加入のため、オンラインや保険情報が少ない

 

 

レセプト請求、歯科保険請求については、本当に信頼できる相談相手が先生には絶対必要です。

 

安全な保険請求はクリニックの本当の意味での信頼づくりです。

 

先生が本当にやりたい歯科診療、歯科経営に全力投球するためにも

専門部署はアウトソーシングするは、今後の歯科医院経営のヒントに繋がります。

 

●レセプト診断       3万円 (郵送料別途)   

レセコン出力された、レセプトを弊社に送っていただきます。その中から約100件を抜粋して診断および保険請求アドバイスをいたします。 

ちょうど赤ペン先生のイメージ!

キャリア10年以上の保険請求コンサルタントがクリニックの傾向、請求上の注意、保険請求アドバイス、算定漏れなどをお知らせします。

   

※レセプト診断は郵送のため地域は問いません。

 

●レセプト点検   請求点数×1.5% (月遅れ請求の場合、1.2%)

継続的に、保険請求コンサルタントがクリニックのレセプト点検を行い、返戻や個別指導を事前に防げるようフォローアップいたします。

※どのサービスも、不正な請求や増点を目的とするような、行為は一切行いません。

※先生との面談やカルテ内容、過去のレセプト請求によっては、サービスをお受けできないケースもあります。

 

業務依頼・お問合せ メールでの資料請求お問合せ画面はこちらから

チャージ 

 

オフィスウェーヴは歯科レセプト請求(歯科医療事務)を代行しております。
チャージ

●コンピュータ入力代行・・・2.6% (交通費別途)

(レセコンによっては請け負えない場合がございます、まずはご相談ください)


●点検代・・・請求金額の1.5%〜 (交通費別途)

●レセプト診断 1回  3万円(税別、送料別)

 

※上記チャージ料にはレセプト用紙、印刷代、総括代は含まれておりません。
使用するレセコンにより価格が変動しますので
詳しいお見積もりにつきましてはお手数ですがお問い合わせ下さいませ。

 

業務依頼・お問合せ メールでの資料請求お問合せ画面はこちらから

レセプト請求コンサルタントサービスのお申し込み

医院名(必須)

(例:ウエーブ歯科医院)
お名前(必須)

(例:澤泉仲美子)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
医院ご住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
FAX(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
コメント
カルテ診断
レセプト診断
レセプト点検
レセプト代行
ご相談
ご質問等ありましたらご自由にご記入下さい
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

歯科医療事務員募集中!

私達と一緒に働きませんか?

歯科医療事務の技術を発揮してみませんか?

弊社医療事務の理念は次項有

オンライン請求が進む中で、今正に正しい保険請求が求められています。

お仕事は1件からでも可能です。

まずがお気軽にお問い合わせくださいませ。

(経験者のみ)

担当:マネージャー笹本 智美(ささもと ともみ)

ぴかぴか(新しい)ow@office-wave.jp

電話03-6265-0081