保険請求とは?

●保険請求について

歯科医院経営で欠かせないものの1つに保険請求があります。

自費化傾向になりつつあっても、

保険請求というのは保険医や国民が守られる特権であり、

軽んじることはできません。また医院経営という側面から見ても安定収入が見込まれる保険請求は実は最も大事な経営の要でもあるのです。

 

私たちが15年以上歯科医院の保険請求のコンサルティングを行った実績の中で

お役に立てる情報をお伝えしてまいりたいと思います。

 

今までお手伝いしていて感じることは

院長先生は毎月の件数、 点数は把握されていらっしゃるのですが

保険請求内容そのものに毎月目を光らせていらっしゃる方は多くないのが実情です。

 

保険請求を見直すタイミングで多いのは

◯返戻は多くなった

◯受付の担当者が退職した

◯開業するにあたり相談できる人がほしい

◯歯科医師会の先生から算定について指摘を受けた

 

上記の理由がほとんどです。(今はオンライン化対応のご相談もいただ

きます)

 

そして、反対に返戻もほとんどなく、レセプトコンピューターを導入

し、スムーズに入力ができていたら、自院の保険内容をチェックするところまでは時間がさけないかもしれません。

 

けれども、

私達が保険請求のお手伝いをさせていただくなかで、一番重要に考えているのが、

「今の保険制度をしっかり理解し、正しい請求を行う」ことです。

こんなこと、と思われてしまうかもしれません。

 

当たり前過ぎですね。

私もそう思います。

 

ですが、現状は驚くほど多くの先生が保険内容を誤解されていらっしゃるのです。

たとえば改正があり、新点数は覚えても、算定条件は理解させていらっしゃらないことが多いです。

保険請求のルールは2年に一度改定されるものの、

保険請求の長年の流れのベースの中にあるものなので、

急にここから覚えよう!と意を決しても

基礎の流れを把握していなければ、

なかなか途中からの相乗りができない

というのが保険請求の厄介な部分だと思います。

 

改正後理解していないままレセプトを提出し返戻が多く戻ってくる。

その返戻の対処法も分からず、指摘を受けた点数を削除して再提

出するか、もしくは返戻は再提出しない。

という医院様もあります。

 

そして、返戻された点数は今後も算定しない。。。

 

ということになってしまい、今の保険制度にあっていないレセプトが作られて

しまいます。

 

本来、正当に請求できる点数も未算定のまま幕を閉じています。

保険制度が厳しい!保険点数が低すぎる!

と嘆かれる方は多いのですが、

しっかり確実に保険請求を活用されている先生が非常に少ないように感じています。

 

そして、返戻されてしまった理由が分からないままなので、保険請求の

幅も狭くなってしまいます。

 

保険内容を理解していれば、こんなことにはならないでしょう。

 

保険請求の内容は「今更聞けない」ことと「聞く相手がいない」ところが

落とし穴です。

 

私たちはそんな先生方に、

よりよい情報提供をすることで、貢献し

また先生方に保険請求の面白さ、貴重をお伝えできたら嬉しいと思い活動しております。

 

保険請求とは

合計点数や、件数にこだわることが一番大切なのではなく

「今の保険制度を理解する。正しい請求を行う」ことがもっとも重要な

ことです。

 

これによって、正当に確実に保険請求を行い、

請求点数を伸ばしていくことが可能になるのです。

 

初めてお話させていただく院長先生には必ずこのことをお伝えし、理解

していただきます。

 

こうしてご理解いただいた医院様からは

「保険請求が安心してできるようになった」

「保険請求の幅が広がりました」

「返戻が少なくなり、レセプトを仕上げるまでの時間が削減できた」

とおっしゃっていただいております。

 

そしてもうひとつ

「正しい保険請求を行うこと」で重要なのは

「信頼」です。

 

これは、患者様のみならず、組織間で大切なことです。

保険点数と通知表の点数が違う!

と患者様から通告が入ることがままあります。

個別指導の原因には

患者様やスタッフからの通告が一番多く挙げられています。

 

不正をしているのではなく、

請求点数と通知表の点数がことなることはままあることです。

クリニックにお尋ねいただける関係を日頃から

保持していることが何よりも大切です。

 

また保険請求は患者様と直接関わることですので、

もちろん、正当に保険請求を行うことが

大前提です。

それがスタッフや患者様から絶大な「信頼」を得ることにつながっています。

皆様にもご理解いただけたことと信じております。

今後更に医院様が『正しい保険請求を行う』為に私たちの情報を開示し

て参りたいと思っております。どうぞお付き合いいただけたら幸いです。

保険請求アドバイザー部門 マネージャー 笹本 智美