09/3/10 vol.29

◆---------------◆
  ウエーブ通信
◆---------------◆
 09/3/10 vol.29

 

こんにちは。
編集長の今野美紀です。

暖かくなったり、雨が降ったり
気候が変わりやすいですね。
気象庁の桜の開花予想(第1回)では、
今年は少し早くて、東京は3/25とのこと。
もうすぐですね。楽しみです。

また、弊社オフィスウエーブに、
保険請求のプロ(鬼?)大型新人(笑)が入社しました!
主に、レセコンをご導入いただいているお客様の
お電話によるサポートをしています。
特に保険のお問い合わせについては、
お客様から
「安達さんが居てくれて本当に助かる!
的確な回答をありがとうございます」
と評価を頂き、早くも安達を指名なさるお客様もいらっしゃいます。

明るくとっても元気な安達真理子です。
今後ともよろしくお願いします。

>> INDEX >>

▼保険Q&A
▼澤泉仲美子のワンポイントメッセージ
▼究極おすすめの本
▼お得な情報

>>>>>>>>

※プリントアウトして医院の皆様で回覧頂けたら幸いです※
※もし途中でメールが切れてしまっている場合はご連絡くださいませ※


------------
▼保険Q&A
------------
(文責:安達真理子・長渡智子)

春はウキウキの季節ですね。
こんにちは。社内電話対応担当の安達真理子です!

ご結婚、入社、転居など患者様の生活も変化される時期となります。
それに伴って、保険変更がいつもより多いと思います。
番号入力、本人家族の区分等、充分な確認をお願い致します。

この時期ならではの保険請求の注意点を少しお話させていただきます。

1)転居に伴う保険変更
勤務地や事業所の変更の場合は
保険者番号は変わらず、記号・番号のみ変更というケースが出てきます。
月中で変更となっても、その月の請求は
全て、新しい記号・番号での請求となります。
ご注意くださいね。

2)情報提供について
転居等のため治療途中で他医院へ紹介する
ケースもあると思います。
病名から情T250点の算定が判り難いレセプトに対して
「病名不備」
で返戻もありますので、摘要欄に、
その旨を記載することをお勧めします。
尚、情報U500点は、
セカンドオピニオン時の算定ですので、ご注意下さい。

3)実日数が多いレセプト
この時期は特に、患者様から治療終了希望日をお願いされる事も・・・。
おのずと、実日数が多く、密な治療内容となり、
SRPも多くなってしまうケースがあります。
特にこの季節は、SRPの算定回数についての返戻を多く拝見します。
患者様のご都合やご要望などの理由での請求は認められないので、ご注意くださいね。

今まで通って下さった患者様と、お別れするのは淋しいですが、
いつもの笑顔が何よりのプレゼントでしょう。

※ご存じとは思いますが
2月28日産経ニュースにオンラインについて以下の記事がありました。
ご参考までにお知らせします。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090228/stt0902280131000-n1.htm


---------------------------------------
▼澤泉仲美子のワンポイントメッセージ
---------------------------------------
(文責:澤泉仲美子)

「入手した情報は出力して初めて自分の力となる」

セミナーや本から、入れた情報は
皆さんはどうしていますか?
せっかく素晴らしい情報を入手しても、
頭の中にしまいこんでいたら、
しまいには古くなり活かせない情報になってしまいます。
その時に熱く芽生えた感情も、放っておくと
冷めて忘れてしまいます。

感情や情報を忘れず、自分のものにするための方法は
ただ一つ
「行動に移すこと」
これだけです。

自分なりに表現をしていきましょう。
表に出さないと、体の中で腐ってしまいます。

表現したら、終わりではなく
継続させましょう。

3日坊主の自分も最初は許してあげてください。
だって、
行動に移すまでのプロセスってすごくエネルギーが必要なのですから・・・!

自分をたくさん褒めて認めて
次のステップに進めましょう。

72時間ルールのお話を私のセミナーでは伝えています。

人は、やってみよう!と決心したことは、
72時間以内に着手しないと、
一生やらずに終わってしまう

というものです。

まずは、やってみることが大切なんです。
行動に起こして下さいね。

●以前から、興味のあるセミナーがあったら実際に申込をする。

●セミナーの帰り道に本屋さんに寄って関連した本を読む。

●頂き物をした患者様に手書きの御礼状を書いてみる。

●いいな?と思った本や映画の話を人に伝える。


あなたのやり方で、体を使って表現してみてくださいね。

入れた情報は、体の中を濾過して、体の外に出すことで
初めて活かされた本物になっていくのです。


------------
▼究極おすすめの本
------------
質問思考の技術
マリリー G.アダムス著 中西真雄美 訳

「さまざまな問題を解決する一番良い方法は、
優れた質問を考えることである」
この本は質問を使った思考スキルについての本です。

人は無意識に「批判者」としての質問
(例:だれのせいだろう?)を行ってしまうが、
「学習者」として質問(例:今なにが可能だろう?)に
スイッチすることで、より創造的に考えることができます。

「偉大な成果は偉大な質問から始まる」

無意識に行っている自分への質問や、相手への質問で、
日常が大きく変わる可能性の気づかせてくれる素晴らしい本です。 


パソコン ⇒
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887593791/
携 帯 ⇒
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=aw_mp_1/?a=4887593791

過去に掲載した本をこちらで紹介しています。

http://www.kirakira-hp.sakura.ne.jp/books.html
「ウエーブ通信でご紹介した本」で検索


------------
▼お得情報
------------
(文責:長渡智子)

「画期的なカルテ収納法」

医院様ではカルテの管理をどのようになさっていますでしょうか?
番号管理?ふりがな管理?etc・・・
どちらにしてもクリアファイルに入れて管理なさっている
医院様が多いのではないでしょうか?

クリアファイルにカルテを入れて、ふりがなで管理している
医院様が一番多いようですが、
カルテを探すときに、デンタルやパントモ・お手紙などで
カルテの1号用紙が隠れてしまい、
カルテを探すのに苦労すると聞きます。

そこで、ある医院様で、とても素晴らしい!!と
感激したアイディアをご紹介したいと思います。

問診表(予診表)です!
ほとんどの医院様では、初めていらした患者様に
問診票を書いていただいていますよね?
この問診表をカルテファイルの一番後ろに、
後ろ向きに挿入し、この問診表を見て患者様を探すのです!
もちろんカルテを棚にしまうときも、今までとは逆向きに収納。
そうすることで、カルテは1号が表になっていなくても、
ファイルにデンタルが貼り付けられていても、
カルテを探すのには支障はありません。
思いがけない簡単な方法ですが、
今まで他の医院様では拝見したことがなかったので、
まさに「コロンブスの卵!」と、とても感動しました。
よかったら試してみてください!


--------------------
◎編集後記
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もうすぐホワイトデーですね。
ショップで見かける可愛いクッキーに目がいきます。
今年は”逆チョコ”なんてありましたが、逆チョコを
もらった方はお返しどうするのでしょう?
なんて、素朴な疑問です。

●歯科医院の情報満載!『ウエーブ通信』をお友達に紹介しませんか?
登録はこちらへ⇒ow@office-wave.jp
(本文に名前だけ入れて空メールで結構です!)
※また、現在お知らせ頂いているアドレスが携帯用のお客様は
PC用のアドレスをお知らせ頂けると嬉しいです!!


◇-----------------------------------◇
<発 行 者>
株式会社オフィスウエーブ 編集長:今野美紀
150-0031
東京都渋谷区桜丘町13-3 Tel: 03-3461-8001 Fax:03-5428-3721
http://www.office-wave.jp/
ow@office-wave.jp

■澤泉仲美子の愛されブログ■
http://blog.livedoor.jp/nami33_wave/
■オフィスウエーブのスタッフ元気なスマイルブログ■
http://blog.livedoor.jp/officewave/
◇---------------------------------◇


※このメールの配信を止めたい方は、件名に配信停止と入れて
ow@office-wave.jp までご返信ください。