08/08/15 vol.22

◆-------◆
  ウエーブ通信
◆-------◆
 08/08/15 vol.22

こんにちは。
編集長の今野美紀です。

暑い日が続きますね。
みなさま夏休み期間中でしょうか?
楽しい夏休みをお過ごしください。


>> INDEX >>

▼お得な情報
▼保険Q&A
▼歯科医院のためのワンポイントアドバイス
▼究極おすすめの本
▼インストラクターの今月の気付き

>>>>>>>>

※プリントアウトして医院の皆様で回覧頂けたら幸いです※
※もし途中でメールが切れてしまっている場合はご連絡くださいませ※


------------
▼お得な情報
------------
(文責:今野美紀)

先日、ウエーブ通信号外でご案内した『9.23無料セミナー』
ですが、早速沢山の方からのお申込みを頂きました。

あの行列のできる歯医者さんとして有名な
諸井先生や寄田先生のお話が聞けます。
エネルギーがあって、とっても温かい人間性をお持ちの先生方です。
またゲストに素敵な方々が講演されます。

皆様にお目に掛かれることをとっても楽しみにしてます!

詳細はコチラ(最新ニュースをご覧ください)→
http://www.office-wave.jp/
お申し込みはオフィスウエーブまで
03-3461-8001 / ow@office-wave.jp


------------
▼保険Q&A
------------
(文責:長渡智子)

@脱離・再装着時の齲蝕処置について
今年の4月より『脱離』にて再装着の際に齲蝕処置が算定できるようになりましたね。
ですが、齲蝕処置はあくまで、軟化象牙質の除去を行った場合にのみ算定が可能です。
つまり、『C』病名が必要になります。
『FCK脱離』や『CK脱離』だけで齲蝕処置を算定すると返戻になっていますので、『脱離,C』病名で算定するようご注意ください。

A衛生実地指導の算定病名について
衛生実地指導が『保存目的の歯牙に対する指導』であることはご存知だと思います。

ではここでちょっと問題です。
WSDやHys病名で衛生実地指導の算定は可能でしょうか?

実は算定できません。
齲蝕と同様の治療を行なっていたとしても、原因が齲蝕ではないからです。
衛生実地指導算定の際はご注意ください。


------------
▼歯科医院のためのワンポイントアドバイス
------------
(文責:澤泉仲美子)

イメージ作りの重要性 パート1

医院のイメージを確立してみませんか?

数ある歯科医院の中で、自分たちの歯科医院を患者様に印象付けて覚えていただくためにも、
歯科医院のイメージというのはとても大きな意味を持ちます。

例えば、弊社オフィスウエーブのイメージは
色はピンク
ロゴのマークはハート
で統一してイメージ作りをしています。

デンタルショーなどの大きな展示場では、
ピンクのハートですぐにお客様が私達のブースを見つけることが出来るのです。

当社の場合には、ピンクで女性らしさ、
ハートで、心の温かなイメージを作り出しています。

一度決めたら、長く継続して、使い続けることで、
患者様やお客様に印象付けられます。

イメージカラーやロゴを決めたら、
看板、名刺、診察券、ホームページ、紹介カード、コラム、掲示板、問診表、検査結果表・・・
あらゆる印刷物や掲示物に統一感を持たせて使用してみてください。

医院の場所をご説明する時にも
「ブルーのイルカのマークが当医院の目印です」
「駅を降りると、当医院の目印として『赤いりんご』のマークが見えます」

ビジュアルで捉えられると、歯科医院名で探すよりも、直感的で
とっても探しやすく、印象に残りやすいのです。

イメージカラーをあらゆるところで使用することで
「青い歯医者さん」
「オレンジ色の歯医者さん」
と印象付けられ

青・・・爽やか
オレンジ・・・・明るい

という印象が色から入ります。
全て直感的なイメージのため、受入れやすいのです。

参考にしてみて下さい。


------------
▼究極おすすめの本
------------
(文責:山下圭造)

「プレミアム戦略」 遠藤功著 東洋経済新報社

日本の企業の提供する製品は、「上・中・下」 の 大多数の 「中」 を対象にして、
多量に販売することを目的にしているケースが多いが、
「こだわり」持つ、「上の中・上の上」だけを対象にした製品を
求めている人は、数は少ないが確実に存在している。
この本には、その人たちだけをターゲットにした製品の必要性と、
そのためのノウハウが詳しく書かれています。

プレミアムな格を作り上げるためには、作り手の強烈な主観とこだわり(機能的価値)と、
フアン作り出すストーリー(情緒的価値)が必要としています。

本書で取り上げている企業・ブランドの一例です。
レクサス/ポルシェ/ベンツ/BMW/フェラーリ/ルイ・ヴィトン/カルティエ/エル
メス/パテック・フィリップ/セイコー/ミキモト/千疋屋/虎屋/川端道喜/アメディ
/タケダワイナリー/ザ・プレミアム・モルツ/星のや 軽井沢/大塚製靴

わかりやすい例として、ホンダはトヨタに対して差別化戦略をとっている、
それに対して、ポルシェはプレミアム戦略で
「走り」にこだわる非常に狭い層だけをターゲットにしている。

保険制度のために、日本の医療は「プレミアム」とは異なる方向に
向かっている様に見えますが、医療は大量生産が不可能なため、
「プレミアム戦略」の考え方は非常に参考になると感じました。

パソコン ⇒
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492532404/
携 帯 ⇒
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=aw_mp_1/?a=4492532404




------------
▼インストラクターの今月の気付き
------------
(文責:金井美樹)

オフィスウエーブに新風を巻き起こすべく『衛生士ユニット』が結成されました。

衛生士キャリア10年の『カナミキ』こと金井美樹と
キャリア4年フレッシュな川杉玲奈です!

みなさん、宜しくお願いします。
インストの気付きと共に、「目指せスキルアップ!」として
デンタルスタッフの方へより良い情報提供を心がけていきます。

今月はカナミキより、「キシリトール」についてお話します。

よく、キシリトール入りのガムを食べればムシ歯にならないと思われがちです。
患者様も誤解されていらっしゃる方が多いですよね。
そこで患者様には、次のようなお知らせを作ってみてはいかがでしょうか??


キシリトールは天然甘味料で白樺などの樹木からとれる成分を原料として
製造されたものなので、ムシ歯になりにくいです。
いちごやホウレンソウにも実はキシリトールは含まれていますし、まさに天然甘味料。 
ムシ歯の原因は「酸」。酸を発生させなければムシ歯にはなりません。
歯の表面に住むミュータンス菌が砂糖を分解し、ネバネバした物質を作り、酸を発生させ、ムシ歯となります。
キシリトールはミュータンス菌が酸を産出しない菌に変化する作用があります。
ネバネバした物質を発生させないようにミュータンス菌の力を弱めています。だからムシ歯にはなりにくいのです。
食後にキシリトールガムを噛んでミュータンス菌の性質を変えよう!!
ちょっとここで「カナミキ、ワンポイント!!」
摂取し過ぎるとお腹がゆるくなるので注意は必要ですよ。


★★
先月のウェーブ通信をご覧になった先生から、とても嬉しいメールをいただいたので、ご紹介します。

入力は私がするのでブリッジ・義歯の印象の際
補綴物をクリックするとセットの金額が簡単に出ます。
本日の金額を引いて概算がわかります。
それで受付に、次回の概算を耳打ちし受付で
「次回はブリッジが入りますのでだいたい7000円かかります。」
と必ず言わせるようにしています。
そうすると患者さんが事前の準備もできてトラブルになりません。

これが簡単にできるのはMAXですが。。。


--------------------
◎編集後記
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近、いろいろなところで、緑のカーテンを見かけるようになりました。
緑のカーテンとは、ゴーヤやヘチマ、などツルの巻く植物を這わせてカーテンのように見せているものです。
公共の施設や大型スーパーでよく見かけるのですが、
帰省中に田舎でも見かけました。
庭先などに緑のカーテンがあると涼しく感じますよね。


●歯科医院の情報満載!『ウエーブ通信』をお友達に紹介しませんか?
登録はこちらへ⇒ow@office-wave.jp
(本文に名前だけ入れて空メールで結構です!)
※また、現在お知らせ頂いているアドレスが携帯用のお客様は
PC用のアドレスをお知らせ頂けると嬉しいです!!


◇--------◇
<発 行 者>
株式会社オフィスウエーブ 編集長:今野美紀
150-0031
東京都渋谷区桜丘町13-3
Tel: 03-3461-8001
Fax: 03-5428-3721


http://www.office-wave.jp/
ow@office-wave.jp

■澤泉(秋元)仲美子ブログ■
http://blog.livedoor.jp/nami33_wave/
■スタッフブログ■
http://blog.livedoor.jp/officewave/
◇--------◇


※このメールの配信を止めたい方は、件名に配信停止と入れて
ow@office-wave.jp までご返信ください。